FC2ブログ
気紛れな馬に頼りない騎手が乗っているんだから裏切られる事は多々あります。 それでも競馬というシステムはあなたを裏切らない。 もしあなたがそう思えないのなら、あなたが競馬に対して不誠実なのではないですか?
2020年の通算成績(03/22迄)
2020年03月25日 (水) | 編集 |
ほはていです

今年から開催毎に2020年の通算成績を出してみるかなと

以下の点別成績は抽出買い目の集計と違って買い目をアップできなかった1/18を除外できないのでそのまま集計した結果となっています。
2020年点別成績

抽出買い目成績

・抽出買い目は「提供買い目」の内、()内のオッズ以上の買い目、かつ式別毎に以下の予想的中率を満たす買い目です。

単勝は予想的中率12.5以上
複勝は予想的中率22.5以上
枠連は予想的中率10以上
馬連は予想的中率5.5以上
ワイドは予想的中率13.5以上
馬単は予想的中率2.5以上
三連複は予想的中率1.5以上

以下の集計は予想的中率1%あたり100円を投票(四捨五入)したものとして集計したものです。
ただし、提供買い目を事前にアップできなかった1/18に付いては集計の正当性が担保出来ないため除外しました。
さらに開催していたことすら忘れていた3/20についても除外しています。

日別プラス率 25.0% ( 6/ 24) 日別大敗率 29.2% ( 7/ 24)
週別プラス率 8.3% ( 1/ 12) 週別大敗率 16.7% ( 2/ 12)
月別プラス率 33.3% ( 1/ 3) 月別大敗率 0.0% ( 0/ 3)
年別プラス率 0.0% ( 0/ 1) 年別大敗率 0.0% ( 0/ 1)


○○大敗率は○○の期間回収率が50%以下の割合です。
前回と同じ日別プラス率以外は全ての数値が悪化。

開催週 R数買目数 的中数 投票額 払戻額 収支 回収率
20200106 39 360 3 272700 83330 ( -189370) 30.6%
20200113 61 671 10 483400 463410 ( -19990) 95.9%
20200119 31 443 8 401800 378780 ( -23020) 94.3%
20200126 60 795 11 676100 958210 ( 282110) 141.7%
20200202 60 723 9 540400 411630 ( -128770) 76.2%
20200209 60 681 7 523000 403560 ( -119440) 77.2%
20200216 66 782 12 661200 497530 ( -163670) 75.2%
20200223 64 690 8 571800 477720 ( -94080) 83.5%
20200301 65 832 8 654600 294180 ( -360420) 44.9%
20200308 63 760 12 624300 532550 ( -91750) 85.3%
20200315 66 770 13 617200 401110 ( -216090) 65.0%
20200322 44 533 9 421400 396860 ( -24540) 94.2%


【式別別成績】
  R数 買目数 的中 的中率 投票額 払戻額 収支 回収率
単勝 308 379 27 8.8 784600 688390 -96210 87.7
複勝 224 259 36 16.1 911400 962610 51210 105.6
枠連 262 317 16 6.1 500200 381870 -118330 76.3
馬連 429 767 20 4.7 740300 496230 -244070 67.0
ワイ 372 693 49 13.2 1435500 1222660 -212840 85.2
馬単 529 1831 27 5.1 854600 685110 -169490 80.2
三複 666 3794 33 5.0 1221300 862000 -359300 70.6
総計 6447900 5298870 -1149030 82.2

こちらも総計が大幅悪化。

【場別表別成績】
点数 R数 的中 的中比 的投率 R的率 網羅率 投票額 払戻額 収支 回収率
中山芝 866 64 12 18.6 3.07 12.5 15.9 648300 245310 -402990 37.8
中山ダ 952 98 34 45.2 7.91 19.4 13.7 757300 844560 87260 111.5
京都芝 769 59 19 27.5 5.96 18.6 19.7 692600 523000 -169600 75.5
京都ダ 1155 101 28 30.7 5.55 14.9 15.7 916500 703250 -213250 76.7
小倉芝 848 72 24 36.4 8.65 16.7 16.2 662600 839350 176750 126.7
小倉ダ 643 49 14 25.6 4.06 14.3 18.8 549300 290160 -259140 52.8
東京芝 435 38 18 55.4 8.88 21.1 15.4 326400 475650 149250 145.7
東京ダ 471 45 7 19.7 2.40 6.7 13.4 358500 144320 -214180 40.3
阪神芝 566 36 17 35.6 8.25 25.0 19.7 480200 387210 -92990 80.6
阪神ダ 568 53 11 26.2 6.28 11.3 15.3 423300 356120 -67180 84.1
中京芝 323 28 12 49.2 8.64 17.9 14.6 245500 260520 15020 106.1
中京ダ 444 36 12 31.0 5.86 19.4 16.4 387400 229420 -157980 59.2

今年初の中京阪神開催でしたがどちらもマイナス。
中山は芝が駄目で前回から20万以上もマイナスを増やしてしまいました。

【開催別距離別成績】

開催を重ねる毎に長くなるのでテキストでアップしました。
開催場別距離別成績


【種別コード別成績】
点数 R数 的中 的中比 的投率 R的率 網羅率 投票額 払戻額 収支 回収率
3歳芝 1782 135 47 32.2 6.40 19.3 17.0 1467600 1167100 -300500 79.5
4上芝 2025 162 55 34.8 7.20 16.7 17.0 1588000 1563940 -24060 98.5
3歳ダ 2213 195 53 30.1 5.28 14.9 15.7 1767900 1315520 -452380 74.4
4上ダ 2020 187 53 32.8 6.01 15.0 15.0 1624400 1252310 -372090 77.1

前回唯一プラスだった3歳芝もマイナスになってしまいました。

ということで何とか回収率を回復するために抽出条件を変更することにします。
今まで買い目に推奨オッズ下限を表示する関係上、分かりやすく一律に買い目の期待値下限を150としてきました。
この下限を式別毎に設定して無駄な買い目をオミットしようと考えました。
この場合期待値上限を設定すると良いとこ取り最適化になってしまうので上限は設定しません。
では式別別に期待値階層別にどのような回収率傾向があるかを分析します。

期待値階層別成績

【単勝】
「累積回(累積回収率)」の列を見ると期待値下限を200までなら103.5%の回収率となっています。
期待値下限350なら173.4%ですがこれはやり過ぎ。
的中の列を見ると期待値下限350までに的中は4つしか無く、買い目も削減できますが的中無しの週も沢山出てしまうことになります。
期待値下限200で設定することにします。

【複勝】
単勝のように高期待値の的中が回収率を押し上げているわけでは無く優秀に見えます。
「累積回(累積回収率)」の列を見ると期待値上限を設定したくなりますが前述の通りやりません。
複勝はこのまま期待値150を下限としたままで良いと思います。

【枠連】【馬連】
どちらも高期待値の的中の他はコンスタントに的中できず、期待値下限500みたいな非現実的な設定をしないとプラスにならない。
この式別は買い目に出さないようにします。

【ワイド】
期待値下限200まではプラスそれ以下の階層は大幅なマイナスなので期待値下限200で設定することにします。
高期待値の的中に引っ張られているところもありますが中位の的中も多いので安定すると思います。

【馬単】
期待値下限225まではプラスそれ以下の階層は大幅なマイナスなので期待値下限225で設定することにします。

【三連複】
どの期待値階層をとってもマイナスで今後回復する可能性もありますが三連復買い目は今週以降出さないようにします。

実際は不得意コースのオミットも行いたいのですが3ヶ月の実績からやるのはいくら何でもいいとこ取りだと思うので見送り。
今後行う可能性はあります。



にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
予想購入者様はダウンロード会員IDをご記入ください
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック