r ほはてい一直線 外れ馬券:経費と認める初判断 脱税は有罪…大阪地裁
気紛れな馬に頼りない騎手が乗っているんだから裏切られる事は多々あります。 それでも競馬というシステムはあなたを裏切らない。 もしあなたがそう思えないのなら、あなたが競馬に対して不誠実なのではないですか?
外れ馬券:経費と認める初判断 脱税は有罪…大阪地裁
2013年05月23日 (木) | 編集 |
記事を一通り見た中では毎日さんが一番まとまってたかな

当日は抽選に並んだのですが、250人ほど傍聴希望者が来ていたようで抽選に漏れてしまいました。
判決出るまで待っていても良かったのですが帰って修正作業でも継続した方がいいとトンボ帰り。


結果的に日経平均先物暴落の損切りに間に合って致命傷で助かりました。



外れ馬券:経費と認める初判断 脱税は有罪…大阪地裁

毎日新聞 2013年05月23日 10時44分(最終更新 05月23日 12時44分)

 競馬の所得を申告せず、3年で約5億7000万円を脱税したとして、所得税法違反の罪に問われた元会社員の男(39)=大阪市=の判決が23日、大阪地裁であった。西田真基裁判長は大量の馬券を自動的に繰り返し購入した場合、競馬の所得は「雑所得」に当たり、全ての外れ馬券の購入費が経費になるという初の司法判断を示した。無申告の違法性は認め、懲役2月、執行猶予2年(求刑・懲役1年)の有罪としたが、脱税額を約5000万円に大幅減額した。

 判決は馬券の所得を一般的に「一時所得」とした上で、「元会社員は多数、多額、機械的、網羅的に馬券を購入しており、雑所得に当たる」と認定した。

 判決によると、元会社員は市販の競馬予想ソフトを改良した独自のシステムを構築。専用口座を開いて、インターネットでほぼ全レースの馬券を自動的に購入していた。2007年からの3年で購入した馬券は計約28億7000万円分で、計約30億1000万円の払戻金を得た。収支は計約1億4000万円の黒字だった。

 検察側は競馬の所得は一時所得であり、当たり馬券の購入費約1億3000万円だけが経費として控除できると主張、元会社員の3年間の所得を計約29億円と主張していた。

 判決はまず、「馬券の払戻金は偶発的、偶然に入り、継続性は認められず、一時所得に当たる」とした。しかし、「元会社員は無差別に一定の条件で網羅的に購入し、多額の利益を得ていた。元会社員は娯楽ではなく、資産運用の一種ととらえていた」と指摘、外国為替証拠金取引(FX)などと同じ雑所得に分類した。

 そして、払戻金から全ての馬券の購入費を経費として差し引いた、実際のもうけである約1億4000万円を競馬の所得と結論付けた。

 弁護側は「継続的な馬券購入によるFXで得た利益などと同様の雑所得に当たる。外れ馬券の購入費も経費となり、課税処分は無効」と無罪を訴えていた。

 元会社員を税務調査した大阪国税局が告発、地検が11年2月に在宅起訴した。起訴分や無申告加算税を含めた追徴税額(05〜09年)は計約10億円。元会社員は「一生かかっても完済できない」として、課税処分の取り消しを求める訴えを大阪地裁に起こしている。【内田幸一】

 上野友慈(ゆうじ)・大阪地検次席検事の話 判決内容を精査し、上級庁とも協議の上、適正に対処したい。



家庭を持っているのに職を追われ、失意のほどはいかばかりだったか。
ほんとうによかったです。
検察が控訴するか予断は許しませんが、元々無理筋な課税額。
控訴断念してもらいたいですね。
これで卍氏は「伝説の人」になったのかな。
自分が税務署と争っているときは
自分が「伝説の人」になるつもりだったんですが(笑)
自分の国税不服審判所裁決は7月~8月に行われる予定
こちらは事業所得を主張しているのでさらにハードルが高いのですが、
主たる所得が競馬しかないのに雑所得はありえんと思うんですよね


コメント
この記事へのコメント
祝 判決
国家権力の横暴は許せませんな。
心の底から腹が立つ。

今回の判決は当然でしょう。

そもそも、競馬で誰がいくら儲けているなんて税務署は把握できていないでしょう。たまたま把握した人間だけから税金徴収するとしたらあまりに不公平で、公平性の原則に反すると思いますね。
2013/05/23(木) 16:49:04 | URL | アインシュタイン #-[ 編集]
現実的に考えられる上では良い方の判決ではなかったかと思います。
控訴や民事の方もあるのでまだ不明瞭ですが、
取りあえず支払うことが不可能な額を支払うことを求められることは無いことが確認されたという感じでしょうか
事業所得として認められるハードルは高いとは思いますが、
巷の競馬予想を健全化する上でも重要と思いますので期待しています
2013/05/23(木) 17:01:38 | URL | 一ファン #-[ 編集]
とりあえずP君も人生奪回オメーーーーーーーー!
この件で検察は相当叩かれたからたぶん控訴しないよ。
2013/05/23(木) 19:45:31 | URL | HIRACOM社長 #-[ 編集]
まあ2重課税に変わりはないけどな
2013/05/23(木) 22:01:55 | URL | ぽぅ #-[ 編集]
馬券購入会社作りましょう
ほはていさん
主たる所得が競馬しかないのに雑所得は有り得ませんよ。
何より、今回の判決を考慮すれば、いっそ馬券購入を主たる事業とする会社を設立したら自動的に事業所得になるんじゃないですか?
会社作るなら出資させて下さい。
2013/05/24(金) 00:28:13 | URL | 京の漬物 #iydQorAY[ 編集]
>>京の漬物さん
それなんてUPROですか。(横レス失礼しました)

さて、今回の件では、
課税対象期間のうち最初サラリーマンとして働いていたことを勘案すれば、雑所得となるのは所得税法の観点では適切だったように思います。

しかし今回の判決を受けても国税側の主張は変わりません。

予想ロジックを持たない趣味として競馬を楽しんでいる人達や購入額の少ない人には一時所得が適用されるのですから。
2013/05/24(金) 21:37:32 | URL | 競馬ニート #mQop/nM.[ 編集]
希望の星だよ
ほはさん頑張ってください応援します!でもおれなら場外で買うなあ・・・
2014/04/05(土) 08:11:12 | URL | バリアント #-[ 編集]
バリアントさん

応援ありがとうございます
2014/06/04(水) 12:33:09 | URL | ほほてい #-[ 編集]
競馬ファンみんなが応援したいと思ってると思いますよ。
無実を勝ち取った人の裁判の闘い方をテレビでやってたけど、応援する人数や世間の所見が裁判に大きく左右されるのが日本の裁判ということらしいですよ。それ位法解釈、判断も心情斟酌により動くとことです。いざとなったら、応援したいです。事業所得で勝利を目指しているなら会社でなくても個人事業でもいけるんじゃないのでしょうか?昔倉持 真一郎という人が競馬のみで家を建てた人として騒がれていましたがその人毎年税務申告して銀行から融資をしてもらって家を建てたみたいですよ。
2014/06/06(金) 07:31:49 | URL | すし職人 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック