気紛れな馬に頼りない騎手が乗っているんだから裏切られる事は多々あります。 それでも競馬というシステムはあなたを裏切らない。 もしあなたがそう思えないのなら、あなたが競馬に対して不誠実なのではないですか?
外れ券、経費でない」検察側が懲役1年求刑 配当金課税裁判
2013年02月07日 (木) | 編集 |
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130207/dms1302071148011-n1.htm

競馬で稼いだ所得をいっさい申告せず、平成21年までの3年間で所得税約5億7千万円を脱税したとして、所得税法違反の罪に問われた元会社員の男(39)に対する論告求刑公判が7日、大阪地裁(西田真基裁判長)で開かれた。検察側は「競馬の勝ち負けは1レースごとなので、外れ馬券はもうけの原資に当たらず経費ではない。脱税額は巨額で、国民の納税意識に悪影響を与える」などと述べ、懲役1年を求刑した。

 論告などによると、男は21年までの3年間で、競馬などによって得た約14億6千万円の収入を一切申告せず、所得税約5億7千万円を脱税したとされる。

 所得税法では必要経費について「収入を生じた行為のために直接要した金額」と定めており、大阪地検は当たり馬券の購入額のみを経費と判断。払戻金総額約30億1千万円から当たり馬券購入額を差し引いた額を元に課税対象とした。

 一方、弁護側は「外れ馬券も所得を生み出す原資」と主張。男が3年間に約28億7千万円を馬券購入につぎ込んでおり、実質的なもうけは約1億4千万円だったと主張している。

----------------------------------------------------------------------------------------------------

ツイッターでもつぶやきましたが無申告という点から求刑がこうなるのは仕方ないと思います。
判決も厳しいものになる可能性は十分あると思います。

被告人は民事裁判で課税処分の取り消しを求めて争っておられるそうなので、
そちらで処分が覆れば、刑事裁判の方も高裁以降で好転すると思いますが。

自分の方の審判所の判断も5月頃になる予定なのですが、
日程が重ならなければ、判決日の5/23は大阪地裁に行きたいと思っています。



コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/05/23(木) 11:13:15 | | - #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック