気紛れな馬に頼りない騎手が乗っているんだから裏切られる事は多々あります。 それでも競馬というシステムはあなたを裏切らない。 もしあなたがそう思えないのなら、あなたが競馬に対して不誠実なのではないですか?
売上票数占有率(投票割合)推移について その2
2017年08月19日 (土) | 編集 |
ほはていです

昨日の前回の続きです。
前回の記事は今までと変わらずただ2017年まで分析した結果でした。今回少々プログラムを修正して分析したのはレース条件毎の占有率です。レース条件によって投票傾向が違っていたら投票レースを抽出する際に新しい物差し(基準)を定義することが出来るのではと考えました。

レース条件は障害(未勝利、オープン含む)、新馬、未勝利(平場のみ)、条件戦(平場のみ)、オープン(平場のみ)の5つにしました。障害、新馬では指数派の大量投票はないため、分析前はこれら2つと他の条件では明確な差が出ると考えていました。

結果は以下の通り。

単勝推移

新馬の単勝占有率が抜けて高く、続いて未勝利、障害の順となりました。重賞で高額の単勝馬券が話題になることが多くオープンでの単勝占有率は高いと予想していましたが実際は売れていないのですね。

複勝推移

単勝とは違い、複勝では未勝利と単勝の占有率が逆転しました。オープンは単勝以上に他条件との差が大きく、未勝利の半分と占有率上は全く嫌われています。単勝、複勝の占有率が若駒戦で高いのは、能力がまだ定まっていないレースで2頭目3頭目を限定する動機が弱いからだと思います。

枠連推移

オープン以外は近年ほぼ同率ですね。現在一番売れていない式別ですが前の記事で貼った画像にあったように売上の95%が枠連という時代がありました。

馬連推移

前回の記事ではJRAプレミアム効果が出ていないと書いたけれど、2013年から条件戦の馬連占有率が1位になったのは2013年から始まった最終馬連の影響では。これが正しいとすれば「効果がなかった」はデタラメですね。すいません。障害で馬連を買う人が少ないのはちょっと理由がわかりません。あとオープンが初めて占有率最下位じゃありません。この馬連と三連複三連単以外は全て占有率最下位というのは調べて驚きました。

ワイド推移

今回の分析で目を引くのは控除率変更で恩恵を受けたワイドと控除率変更で被害を受けた三連単ですが、ワイドがこれだけ売れるなら同じく恩恵を受けた馬連ももう少し売れてもいいと思う。三連単馬単の占有率が減り続けているのをみると当たりやすい馬券にシフトしているのでしょうね。

馬単推移

一貫して占有率が下がり続けていてJRAのテコ入れもなし。全体集計の1995年からの占有率比で馬単の2017年は0.67と全式別で最悪、2/3になっています。この分だとそう遠くないうちに単勝より売れない馬券になりそう。

三連複推移

ここで初めてオープンが占有率1位となりました。反対に新馬は全然売れておらず最下位です。2009年は各条件でそれほど占有率の差がなかったのに、このように差が生じたのは条件戦が占有率2位になったことも考え、指数派・データ派増加の影響が大きかったのではと想像します。

三連単推移

全ての式別で1995年からの占有率比がマイナス。オープンでの高占有率は今後も続くでしょうが条件戦の2014年からの落ち込みは指数派・データ派がごっそり抜け落ちたのだと思います。逆に落ち込みが最も少なかったのは障害で式別別では2位でした2014年以降条件戦を逆転して三連単の占有率2位になっています。これも指数派・データ派が極端に少ない式別だからと考えられます。



こんな感じで分析結果を述べてみましたが、これをそのまま馬券購入や予想ソフトに活かすことは出来ません。最初に述べましたが、新しい物差し(票数占有率)を定義して基準(レース条件毎の式別別平均占有率)を求めるとどうなるか?

実際のレースで基準からの乖離率(基準からの遠さ)を求めることが出来ます。例えば過去の傾向で単勝の占有率が基準から20pt(適当)以上売れているレースで予想の回収率がよく(適当)、基準より20pt(適当)以上占有率が下のレースで極端に回収率が悪い(適当)場合、当日の占有率を計算して単勝の投票可否を判断することが出来ます。

実際にはまだ過去レースからの分析は行っていませんし、投票状況から判断することなので朝一にご提供している予想に反映させることは出来ません。ただ予想ロジックや買い目抽出ロジックの構築にはこういった「新しい物差しの定義」→「過去のレースから基準値を求める」→「過去レースの基準値からの乖離と予想結果の関係を集計」を思いついたファクターで片っ端から繰り返しています。まぁ流行の機械学習とかとは遠く離れたやり方ですが一般的な競馬常識のいい加減さもこの過程で明らかになっています。そういうのを見つけると「まだまだ全然戦えるな」と思ったりしますね。


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
売上票数占有率(投票割合)推移について
2017年08月03日 (木) | 編集 |
ほはていです。

以前に式別別の売上票数占有率(投票割合)推移を分析して記事を書いたことがありました。


調べてみた(その1)

ムンちゃんが言ってたけど実は単復の投票割合は年々増加している。 逆に馬単、三連単は年々シェアを落としていて、週刊ダイヤモンドで「当たらなくてつまらないと競馬から去っていった」は単複にシフトした分もあるかもしれない。

1987から2007年までの推移 天下を取っていた枠連を引き摺り降ろして頂点に立った馬連が、新馬券が発売される度にシェアを落としているのが哀れ。 三連単が定着してきた2006年辺りから既に単勝シェアが上がってきているのも面白い。


最初は2009年、最新でもツイッターにアップした2012年でずいぶん間も空いているし、2014年の控除率変更の影響も見てみたいと思い分析してみました。まぁボタン一発なんですが、以前と同じでは芸も無いので少々細かく分析できるようにプログラム修正してからボタン一発してみました。

この記事で述べる売上票数占有率は1レースの売上を100%として式別別に何%投票されたかを1年単位で累積してその平均を求めています。1年間の売上票数を100%として式別別売上票数の割合を求めると売上の多いレースの影響が大きくなるため、未勝利でもG1でも同じレートで投票していた自分には役に立たないと考え、上記の方法で占有率を求めています。

8/4修正
この記事で述べる売上票数占有率は1年間の売上票数を100%として式別別売上票数の割合です。
ソースを確認するといつかも定かではありませんが全売上票数から占有率を求めるように修正していました。
恥ずかしい

で、占有率占有率と言いながらまずは年別の1レース当たり平均売上票数を下記に

売上票数推移(全)

下がり続けていた売上が2012年から上昇に転じ、今年はおそらく二兆7000万~二兆7500万の売上となり近年最高を更新しそうです。2012年の失業率4%超、ドル円70円台のままだったらどうなっていたか…政権交代よかった。またあの頃に戻りたいと思ってなのか口汚く政権を罵っている人が信じられない。

次は売上票数占有率(投票割合)ですが、式別全部を一つのグラフに表示すると推移がわかりにくいので、占有率が近しい式別をまとめて3つのグラフに表示します。

売上票数占有率1(全)

2014年の控除率変更で以前の払戻計算式では低配当時に払戻率80%を超える場合もあった複勝が80%固定となり、大きく占有率を減らしたことが判る。枠連は控除率変更の恩恵があるかと予想しましたが微減。単勝は複勝ほど低配当時の影響が少ないこともあって、2009年から一貫して続いている占有率の上昇が持続している。ワイドは2009年から2014年までも占有率が単勝とほぼ同じペースで上昇していたが控除率変更によりさらに上昇ペースが増加、複勝に迫る勢いとなっている。

売上票数占有率2(全)

馬単は2009年から一貫して占有率が下がっており、2009年時点では下だった複勝、ワイドに2017年現在では逆転されている。馬連は駆除率変更の恩恵で2009年以降下がっていた占有率が持ち直したが去年今年と漸減。盛んにJRAプレミアムで推されていた割りには効果が出ていない。三連複は控除率変更で影響は受けなかったはずだが2015年大幅に占有率が上がってそのまま安定している。

売上票数占有率3(全)

三連単は控除率変更以前も占有率が下がり続けていたが控除率変更により大幅に占有率が下がった。

続きは明日




にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
管理人宛のコメントを頂きましたがこちらで回答いたします
2017年06月24日 (土) | 編集 |
買い目式別と違った買い目が買い目データに出力されているようです。
ワイドの買い目はaa-bb、三連複の買い目はaabbccで区別が付きますが
単複は予想的中率順にソートしていることを考慮に入れて注意深く見ないとまずいですね。

ぱっと見たところ、先週までは問題なかったようですが修正でバグを混入させてしまったようです、ソースを確認してみます。
ご指摘ありがとうございました。


6/25 6:30追記
昨晩の内に修正完了しました
ご指摘ありがとうございました。



にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
新中京各距離の1コーナーまでの距離を出してみた
2012年02月16日 (木) | 編集 |
昔やったアレと一緒です。

pic_course_heimenzu.gif

今回はエクセルのスクリーンショットを貼り付けました。
16:20 画像貼り替え 芝3000m追加
コーナー距離2

表に入っていない距離はコース図見て、走破距離の差を足してください。

ダート2500はすぐコーナーですが、それほど先行争いは早くならないだろうし問題ないかなやっぱり外枠不利だよねw。
芝1600は見た目で判る通り、すぐコーナーに入るので外枠は不利っぽいですね。
1200も旧コースから130m以上短くなってそれなりに影響ありそうです。
あとはダート1400m、コーナーまでの距離よりも芝部分の距離がこんなに長いのはちょっと…


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
調べてみた(その1)
2009年11月09日 (月) | 編集 |
・話題になったUPROのような人間が精度の高い予想をして大量に配当を吸い上げてる?

これ調べるのは実は怖かった。
もしこれが原因だった場合、自分に出来ることはないから身の振り方を考え直さんといけなかったからw

で、調査方法。

・2008年8月から現在までのJRA-VANの票数データを浚って各式別の票数割合をだしてみる。(2008年8月の理由は全場で全レース三連単発売を全週において行ったのが8月からなため)

結果

sikibetu.jpg

グラフは月別の全票数と各投票式別の割合を示しています。
縦軸の単位は%で、総投票数が100万円、そのうち40万が三連単であれば40%となります。
自分は今年8月辺りから不振が続いていますが、三連単の票数割合には特に変化がないことがわかります。

しかし、三連単の投票割合は変らなくても、より精度の高い予想をする人間が増え、その結果、的中票数が増えていたら的中配当は下がり、回収率は悪くなります。

で、調査方法。

・2008年8月から現在までのJRA-VANの票数データを浚って各式別の投票数と的中票数の割合をだしてみる。平均配当でもよさそうですが午前中と午後のレース単位の投票額は結構な差があるのでそのまま平均を取るとまずいのです。

結果

tekiwari.jpg

あらら、三連単は当然ですが的中率低いので地べた這ったような線でよくわかりませんね。

tekiwari2.jpg

これが三連単のみの結果。
波があるようですが殆ど誤差レベルで、少なくとも不振になった8月から有意な変化は認められません。

はぁ安心した


間違ってる(悪い)のは


俺だ。


やる気が出た。



にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
「初出走馬を無理矢理買い目に出してみる」の結果その2
2009年05月18日 (月) | 編集 |
フォワードテストということでもうしばらくこのテーマで続けてみたいと思います。

以下が先週土日で初出走馬が複勝圏に来たレースで、赤字が初出走馬です。


2009年 5月16日 1回新潟5日目 3R 芝2000M(B) 16頭        
3歳・未勝利(馬齢)(牝)[指定]              
12スターフルーツ     荻野琢真   2.6  1  23% 15% 10%○○
 2ハギノウタヒメ     中舘英二  17.0  2   4%  5%  7% ×
15タカイチライアン   丸田恭介   7.3  3  20% 16% 10%▲▲
2009年 5月16日 3回京都7日目 2R ダ1800M    14頭        
3歳・未勝利(馬齢)(混合)[指定]             
12ヴァンクリマ       福永祐一   2.6  1  31% 10%  8%◎○
14インバルコ         川田将雅  56.8  2   1%  2%  3%  
 1マーブルアロー     浜中俊     8.6  3  16% 22% 19%○◎
2009年 5月17日 1回新潟6日目 2R 芝1600M(B) 16頭        
3歳・未勝利(馬齢)(牝)                 
11スターリースカイ   柴原央明   1.9  1  39% 19% 12%◎◎
 6ロッシェノワール   古川吉洋  12.4  2   6%  8%  8%△△
 3ネオイユドゥレーヌ 太宰啓介   9.4  3  12% 19% 16%▲○


上記レースで投票した金額は63,100、的中レースは土曜の京都2Rで払戻金額は208,240でした。
初出走馬を買い目に出さない以前のバージョンでは102,700を投票して全敗していたはずです。

先週は人気の初出走馬があまり出走しなかったこと、初出走馬が上記3レースしか馬券に絡まなかったことから、前回に比べれば地味な結果ですが銀色を1つ追加できたことだし満足です。
まぁ他のレースでボロ負けしてるわけで気が重いですがw


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
「初出走馬を無理矢理買い目に出してみる」の結果
2009年05月13日 (水) | 編集 |
A-PATがメンテ長いなー
臨時でこれだけ長いなんてデータ飛ばしてしまってMTから再構築してるんじゃなかろうかw

さて標記の件ですが、前に書いたとおり先週は必死でダラダラとプログラム修正に
勤しんでいたわけなんですが、その結果を書いてみようかなと。

以下が先週土日で初出走馬が複勝圏に来たレースで、赤字が初出走馬です。

2009年 5月 9日 1回新潟3日目 4R ダ1200M    15頭        
3歳・未勝利(馬齢)(混合)[指定]             
12メイショウエルピス 蛯名正義   8.5  1   9% 10% 11%▲△
11プリティゴールド   藤田伸二   1.6  2  26% 13%  9%○○
 6スパークルレディー 松山弘平  38.8  3   2%  3%  4%  
2009年 5月10日 1回新潟4日目 1R ダ1200M    15頭        
3歳・未勝利(馬齢)                   
 5シャイニークエスト 北村友一   1.7  1  41% 16% 11%◎◎
12カシマチャンピオン 宮崎北斗  16.7  2   4%  5%  7% △
 1エイコオミリオン   村田一誠  27.4  3   4%  8%  9% △
2009年 5月10日 2回東京6日目 3R ダ1600M    12頭        
3歳・未勝利(馬齢)[指定]                
 3ポールアックス     北村宏司   5.7  1  12% 12% 10%△△
12コスモジュゲム     松岡正海   3.3  2  46% 24% 14%◎◎
10エイダイハリケーン 内田博幸   4.2  3  13% 13% 10%○▲
2009年 5月10日 2回東京6日目 5R 芝1800M(A) 10頭        
3歳・ 500万以下(馬齢)(牝)(特指)            
 9ダイアナバローズ   勝浦正樹  11.1  1  13% 16% 15%▲○
 3メイウインド       後藤浩輝   1.7  2   3%  7%  7% △
 1モエレアイドル     岩田康誠  46.5  3   2%  2%  5% ×
2009年 5月10日 3回京都6日目 2R ダ1400M    15頭        
3歳・未勝利(馬齢)(混合)[指定]             
 5ナムラタイタン     熊沢重文  70.2  1   1%  1%  3%  
 1エリモシード       武幸四郎  14.3  2   2%  5%  6% ×
 6アートオブダンサー 田村太雅  13.4  3   6% 11% 13%△△
2009年 5月10日 3回京都6日目 4R 芝1400M(D) 18頭        
3歳・未勝利(馬齢)(牝)[指定]              
17グッドルッキング   秋山真一   3.9  1  29% 22% 17%◎◎
 9ヤマニンライラ     四位洋文  10.7  2   2%  5%  7%  
 2トキメキハニー     長谷川浩  12.2  3   5%  6%  6%△△
2009年 5月10日 3回京都6日目 6R 芝1600M(D) 18頭        
3歳・未勝利(馬齢)[指定]                
 5オールターゲット   国分恭介   8.1  1   8% 11% 11%△△
17ゴールデンゴール   秋山真一   6.3  2  22% 23% 18%▲◎
15パープルタイヨー   幸英明     8.3  3  22% 20% 15%○○
2009年 5月10日 3回京都6日目12R ダ1900M    16頭        
4歳上・ 500万以下(定量)[指定]             
13トーセンモナーク   四位洋文   3.7  1  19% 16% 13%▲◎
14パレスミサイル     田嶋翔     3.1  2  18% 15% 12%△▲
 4サクラシザーズ     幸英明     5.8  3  10% 14% 14%△△


上記レースで投票した金額は377,600、的中レースは日曜の新潟1R、京都6Rで払戻金額は208,970でした。

「思いっきりマイナスじゃねーか!」 と仰るかもしれませんがw、今までなら上記レースは全てハズレていました。

更に初出走馬に%を回さないことで
他の買い目の予想確率が上がる→各買い目の投票額が増える。
                    →期待値も上がるためオミットされる買い目が減り、
                     投票買い目が増える。

となるため、今計算したところ以前なら755,300を投票して全滅していたはずでした。
これがマイナス168,630で済んだのはプログラム修正の成果とうぬぼれてもいいかなw

初出走の人気馬が着外に沈んだ土曜新潟1Rでは、以前なら500投票していた三連単的中買い目を200しか買っていないなど修正の結果損したレースもありましたが概ね満足いく結果でした。


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
疫病神退治の顛末とか
2009年05月06日 (水) | 編集 |
色々と検証してみて初出走馬未出走馬を無理やり買い目に出すロジックで行くことにしました。

ロジックとしては簡単なもんで

今までどおり未出走馬以外でシミュレーションをしてから、未出走馬のオッズによってその馬を割り込ませるかを決めるというずるいやり方ですw
うちのソフトはオッズを予想に使わないことを売り(売ってませんが)にしてたんですが、
これはしょうがないかなと。なにか他にいい方法があるなら教えて欲しいですw

過去レースの検証では2002年からの8年間で検証してみましたが、全ての式別で的中率が向上、回収率も三連複で若干下がった他は横ばいか、向上といい感じでした。



話は変って注文してたもんが届きました。
住友3Mの売り上げに貢献しようと思ったんですが直輸入品だったとは。
マッチすまんw

P1000956.jpg



以前のエントリで取り上げた「国籍法改正」について嘆願書を衆議院、参議院に提出する運動があるそうです。詳しくは以下のリンクを参照してください。この主旨に賛同していただける方は、是非御署名をお願いいたします。

国籍法再改正に向けた請願書の署名のお願い


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
先週の大敗の考察
2009年05月04日 (月) | 編集 |
20090503JNB.jpg

結果は結果で受け入れて、さてまずは原因を突き止めねば。

ということなんですが、土日のレースであれだけ「また×××かよ!!」
と自分で言っていたのだからもう判ってますw


2009年 5月 2日 1回新潟1日目 3R 芝1400M(B) 16頭        
3歳・未勝利(馬齢)                   
15メイショウデューイ 小島太一  15.9  1   0%  0%  0%  
11ドリームクラフト   津村明秀   3.6  2  20% 17% 12%○○
14ムッシュオメガ     松山弘平  72.9  3   0%  2%  4%  
2009年 5月 2日 3回京都3日目 4R 芝1800M(D) 17頭        
3歳・未勝利(馬齢)(牝)[指定]              
11ハウオリ           武幸四郎   6.0  1   0%  0%  0%  
15マルラニビスティー 池添謙一   5.7  2  42% 20% 11%◎◎
16マヤノカピオラニ   古川吉洋 105.5  3   1%  4%  5%  
2009年 5月 3日 1回新潟2日目 3R 芝1600M(B) 16頭        
3歳・未勝利(馬齢)(牝)[指定]              
 9デオ               鮫島良太   3.5  1  26% 19% 16%◎◎
15ファビュラスセンス 小野次郎  26.2  2   0%  0%  0%  
 7フォローミー       北村友一  10.6  3   3%  6%  8% ×
2009年 5月 3日 2回東京4日目 1R ダ1400M    16頭        
3歳・未勝利(馬齢)[指定]                
 4サウロビスティー   勝浦正樹  10.1  1   6% 15% 19%△▲
16カゼノグッドボーイ 村田一誠  23.4  2  10% 13% 11%▲△
 3クールケイオー     柴田善臣  13.0  3   0%  0%  0%  
2009年 5月 3日 2回東京4日目 2R ダ1600M    14頭        
3歳・未勝利(馬齢)(混合)[指定]             
 9レオパレード       藤田伸二   4.7  1   6% 13% 15%△△
 6ローレルカンタータ 田中勝春  37.6  2   0%  0%  0%  
11アタゴオーラ       内田博幸   2.0  3  45% 18% 13%◎◎
2009年 5月 3日 2回東京4日目 5R 芝1600M(A) 18頭        
3歳・未勝利(馬齢)[指定]                
 5マイネルアウストロ 内田博幸   1.5  1  76% 17%  6%◎◎
 3キングスビレッジ   三浦皇成  10.0  2   0%  0%  0%  
 6コスモドロス       伊藤工真  32.5  3   2%  9% 11% △
2009年 5月 3日 3回京都4日目 2R ダ1200M    15頭        
3歳・未勝利(馬齢)[指定]                
 5ピサノプレミアム   浜中俊    17.7  1   4% 11% 14% △
12ファンドリカップ   幸英明     7.5  2  15% 17% 11%○○
 2マイプラーナ       小林徹弥   4.5  3   0%  0%  0%  


上記は全て初出走馬が複勝圏に来たレースで、3連系を主力に投票している私には疫病神のような存在です。
今年から保険のために高期待値のワイド、馬単を投票しているのは、この疫病神対策でもあるのですが、先週のようにワイド、馬単が高期待値の買い目で決まらない場合は全部紙くずになってしまうので厳しいところです。

ちなみに上記のレースで紙くずになった投票金額は

¥936,700

⊂⌒~⊃。Д。)<、;'.・ ゲフぉぉぉ


気を取り直して、こうなった原因をさらに考えると

うちのソフトでは
・初出走馬は出走していないものとして扱われるので、買い目には一切出てこない。
・必然的にその他の買い目の予想的中率は実際の的中率よりも高く算出されるため、期待値の高い買い目を抽出する場合、投票金額が通常よりも多額になる。ここら辺の話はここここを参照してください。

以前から初出走馬の問題は意識していたのですが、「レース慣れ」という言葉があるように、基本的に初出走馬の勝率、回収率はその他の出走馬に比べて低いため、結果として人気を集めた初出走馬が沈むことで美味しい馬券を手にしてきました。

以前から初出走馬の問題は意識していたのですが、人気を集めた初出走馬が沈むことで美味しい馬券を手にしてきたこともあり、手をつけてきませんでした。
これは「レース慣れ」という言葉があるように、基本的に初出走馬の勝率、回収率はその他の出走馬に比べて低いためです。

以下の画像は1986~2009の未勝利戦、出走間隔別成績です。
初出走他の行の勝率、連対率、複勝率、単回値(単勝回収率)、複回値(複勝回収率)が他の行と比べて大きく劣っているのが判ると思います。

初出走

とはいえ、これだけ負けるとちっとは考えないとなーってことで、対策を色々と考えてみたんですが大きく分けて2つ。

1. 初出走馬に仮の指数(確率)を与えて初出走馬を買い目に出す。
2. 今までどおり初出走馬以外でシミュレーションを行って初出走馬分、買い目の出現率を減算する。

今週はここら辺をプログラム弄りながら検証してみますか。


にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いします!
モンテカルロ法
2009年04月15日 (水) | 編集 |
最近うちのブログでは度々登場している朝日新聞ですが、こういう記事は大好物です。

でるかコンピューター名人 囲碁に確率重視の「モンテカルロ法」

競馬でモンテカルロというと、不的中時に増額して次のレースに投票する追い上げを思い浮かべますが、ここでいうモンテカルロは「シミュレーションや数値計算を乱数を用いて行なう手法の総称」でこちらの方が有名だったとは私も初めて知った次第w

私が開発している予想ソフトは簡易ですがシミュレーションを行っているので、モンテカルロに当てはまるのかな。

うちの予想ソフトはその馬がこの競馬場でこの距離でこの枠順でこの出走馬の組み合わせでこの臨戦態勢でどれだけの力を発揮できるかを計算しているわけなんですが、この記事を見て面白い切り口を思いつきました。
詳しくは内緒ですが、単純に各馬が発揮できる能力を計るだけじゃダメなんじゃないかと気づきました。

阪神コースの不振の原因も解からないまま、更に案件が積み重なってますが、意外と楽しくなってきました。常識離れした金額を突っ込んでいますが、決して自分はギャンブラーとか言うもんじゃなく、テーマが競馬なだけの研究者ですから、やる事があるのはうれしいもんです。

最後にモンテカルロで検索して出てきたこの記事を

http://taisen.mycom.co.jp/taisen/contents/igo/meien/meien_30.htm

オセロ、チェスでチャンピオンがコンピュータに破れ、次は将棋か囲碁かという時代にあってこの決意。
これでこそコンピュータ側も闘志を掻き立てられるというものです。
翻って競馬予想の世界を見てみればいまだに出馬表サイン、出目、倍倍の追い上げゲームなど胡散臭いものばかり。
PAT収支さえ載せられず、後付の的中報告だけの有料サイトがごまんとあります。

さっさと潰れてくれねぇかな。

にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村←クリックお願いします!