気紛れな馬に頼りない騎手が乗っているんだから裏切られる事は多々あります。 それでも競馬というシステムはあなたを裏切らない。 もしあなたがそう思えないのなら、あなたが競馬に対して不誠実なのではないですか?
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当ブログ抜き書き
2020年01月01日 (水) | 編集 |
不服申し立ての口頭意見陳述で「こちらのブログを見てください」と言うつもりなので、
主要記事のリンクとかを纏めてみようと思います。

口頭意見陳述は終わりましたが、折角なのでそのままにしておこう。
税金関係のリンクも随時追記します。
当記事は常時ブログトップに表示されるように、投稿日付を未来に設定しています。


平成20年申告について
2009年03月21日の適当なレースの予想と競馬の税金の話

しいの実

平成21年申告について
2009年PAT成績

税務調査後の動き
お知らせ…
少しだけ
税務署から帰ってきました
自分はこういう人間が許せない
懸案の途中経過
日曜日の推奨買い目結果
ちょっと驚いた。
税理士さんと相談してきました。
本日
前の記事「本日」の続き
暑いなぁ
頭使ってます。
8/25の予想
不服申し立ての途中経過
異議決定書が来ました。
当たり馬券配当30億円、外れは経費?
国税不服審判所の公表裁決事例に
国税不服審判所に行ってきました
審判所からの連絡が来ない
今日国税不服審判所から回答がありました
訴訟を提起することにしました。


予想ソフト開発
競馬で勝つということ(1)
競馬で勝つということ(2)
非公開アカウントのこと、競馬の地位について考えること。

公開予想
予想
予想結果

有料予想(黒歴史)
予想(有)
予想結果(有)

つづきを表示する
スポンサーサイト
馬王工作員すげぇ
2019年12月31日 (火) | 編集 |
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/keiba/1360470578/633
2013.04.14追記
該当のログがDAT落ちしたので

http://mimizun.com/log/2ch/keiba/1360470578/633
2013.04.14追記おわり

633 名無しさん@実況で競馬板アウト sage 2013/03/03(日) 20:17:49.14 ID:Ia5ipOSK0
>>626
卍が使ってたのはほはてい氏と同じ馬王ていうソフトだよ


なぜか自分が馬王とか言う糞ソフトを使っていることになってます。
実はこういったステマ(虚偽の事実で宣伝してる訳ですから違いますが)
ぽいことは今までに何回もやられていて、2chでは何度もこの糞ソフトを
使ってると名指しされていますw

2013.04.14追記
検索してたら出てきたので証拠を。
http://mimizun.com/log/2ch/uma/1322927053/364
http://mimizun.com/log/2ch/uma/1269787667/817
本当に気持ち悪い連中
多分まだまだある
2013.04.14追記おわり


そんなにまでしてお宅のソフトを宣伝したいのですか?
いい加減にして下さい


彼は当方の該当書き込み削除依頼を無視しているので当分ブログトップにこの記事を表示しておきます。

------------------------------------------
上記の記事を掲載した途端、掲示板で工作員がさらに書き込み
            ↓

637 名無しさん@実況で競馬板アウト sage 2013/03/03(日) 22:43:24.48 ID:Ia5ipOSK0
>>636
本人?ソフトは自己開発なのかごめん
雑誌では卍が馬王と他に別のソフトをカスタマイズして使っていると書かれていたよ


不服審査の状況書けたら書いてくれよ気になってんだよ
勝てそうなのかよ


639 ◆hhlA9latcg 2013/03/03(日) 23:12:45.20 ID:m/ZZQwQk0
>>637
あんたとなれなれしく雑談する理由はない
とりあえず>>633の削除依頼を出せ

この記事を書いたら慌てて論点ずらし
「卍が使ってたのはほはてい氏と同じ馬王ていうソフトだよ 」
この発言は自分が馬王を使っているのは周知の事実として卍氏も使っているという意味。
今更、「自己開発なのか」などちゃんちゃらおかしい


そして最後はこの発言


711 名無しさん@実況で競馬板アウト sage 2013/03/07(木) 23:41:31.31 ID:FDZl2v8j0
>>639 ほはてい氏
利用していると書かれると宣伝効果があるとご自身が思ったことに驚かされました
私はむしろ営業妨害的な効果が生じてしまうのではないかと思いました
職業を馬券ソフトの開発にし、全力でとりくんでもあの程度の回収率では
夢も希望も無いと思われてしまいますから


捨て台詞ですか?
永久にこの記事をトップに置くことに決めましたわw

なぜか大きく報道されなかった馬券裁判
2016年06月21日 (火) | 編集 |
今年3月5日にある馬券裁判の判決について、記事が出ました。

外れ馬券購入費 経費とは認めず 東京地裁が請求棄却
 外れ馬券の購入費が経費に当たるとして、東京都の男性が競馬のもうけに対する国の課税処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は5日までに請求を棄却した。最高裁は昨年3月、経費に算入できるケースもあるとの初判断を示したが、その後は
認めない判決が続いている。今回の訴訟の男性は毎週、大量の馬券を買っており、営利目的だったと主張した。

この裁判の記事はインターネットで検索してもこれ以外出てこず、この記事でも扱いは非常に小さいもので裁判の内容を是非知りたいと担当弁護士さんに「判決文が手に入ったら教えてください」とお願いしていたのですが、ひょんな事からこの裁判の判決文が手に入りました。

自分の裁判の国側証拠資料として提出されたのです。
ページ数は70ページ程ありますので抜粋と要約になりますが以下のようになります。
現時点で公刊物未記載であることからソースはありません
弁護士さんから承諾は得ていますが、今後記事を非公開にする可能性はあります

原告主張(抜粋及び要約)

原告は各開催日毎に多額の馬券を購入し,ほぼ全ての開催日において払戻金を獲得していた。
各年の収支は次の通りである。

a 馬券購入金額
  
  平成20年:(省略)円
  平成21年:(省略)円
  平成22年:(省略)円

b 払戻金額
  
  平成20年:(省略)円
  平成21年:(省略)円
  平成22年:(省略)円

c 収支
  
  平成20年:(省略)円損失
  平成21年:(省略)円損失
  平成22年:(省略)円損失

原告は平成(省略)年から馬主業を始め,競走馬を保有維持するための資金が必要となると共に,馬主として一般的な馬券購入者よりも豊富な情報を得ることができる立場にもなった。そこで原告は,その豊富な情報を利活用することにより,馬券購入行為を通じて利益を上げようと考え,次のような方法で馬券の購入を行っていた。

(馬券購入法等の説明なので省略)

原告の馬券購入行為は原告個人の計算と危険において独立して営まれ,原告が払戻金によって利益を獲得するために馬券を購入していたことからすれば,営利性,有償性が認められ,原告の馬券購入の様態が毎週数十万円から数百万円に及ぶ大量かつ継続的なものであり,毎週払戻金を得ていたことに加えて,原告が馬主でもあり競馬を通じて継続的に利益を得ることを目的とする社会的地位も認められることからすれば,これを反復継続して遂行する意志と社会的地位とが客観的に認められる。
したがって,本件払い戻しは事業所得に当たる。
本件払戻金は仮に事業所得に当たらないとしても,次のとおり,一時所得ではなく,雑所得に該当するものである。

(最高裁判所の判例等の説明なので省略)


国側主張(抜粋及び要約)

(一時所得の定義,雑所得の要件を満たすかについての主張は他裁判と同じなので省略)

原告は,馬主としての事業所得のほか,平成20年分において(省略)円,平成21年分において(省略)円,平成22年において(省略)円の各給与所得を得ており,生活資金の大部分を当該所得により得ていたと認められることから,原告の馬券購入行為は,単なる所得の処分行為に過ぎないと言うべきであるし,社会的地位が客観的に認められる業務であるとも言えない。
さらに,馬券購入行為から相当程度の期間継続して安定した収益を得られる可能性があったとも認められないことからすると,社会通念上,原告の馬券購入行為を「事業」と評価することは出来ず,本件払戻金は事業所得に該当しないというべきである。


当裁判所の判断(抜粋及び要約)

払戻金の発生及びその額の多寡は,偶然の要素に多分に左右され,本来的には偶発的なものであって,馬券購入行為によって継続的,かつ確実に利益を上げることは困難である。原告の損益は係争年分において年単位でいずれも赤字であり,生活資金の大部分は給与所得で賄っていたと考えられることにも照らすと,原告の馬券購入行為を事業であるということはできず,本件払戻金は事業所得に該当しない。

ある所得が「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の一時の所得」であるか否かは,当該所得や行為の性質を踏まえ,行為の期間,回数,頻度その他の様態,利益発生の規模,期間その他の状況等の事情を総合考慮して判断するのが相当である。
(別件最高裁判決参照)
原告が馬主であることをいかした豊富な情報等を駆使したという点はその具体的な内容や馬券的中に対する寄与度が明らかでなく,原告の馬券購入方法は一般の競馬愛好家による選定方法による馬券購入の範ちゅうである。
原告の収支は年単位でいずれも多額の損失が発生しており,原告が3年間のほぼ全ての土日において馬券を購入し,その購入金額や払戻金博が多額であったとしても一般的な馬券購入行為が連続して多回数行われたというものに過ぎず,原告の馬券購入行為が一般的な馬券購入行為と質的に異なるものということはできない。

以上によれば原告の請求はいずれも理由がないから,これらを棄却することとし,主文の通り判決する。



原告は3年ともマイナスなのにその払戻金に課税され、訴訟を起こしましたが敗訴しました。おそらくは税務調査の中で通帳を精査された結果、課税に至ったのだろうと思います。
競馬ファンへの影響力を考えればこの裁判の方が大きいと思われるのになぜ詳細が報じられていないのでしょうか。

2015年の成績
2015年12月28日 (月) | 編集 |
2015成績

今年序盤で修正した部分でもの凄いバグを作り込んでしまい、緑帯の連続。
プログラムソースをバックアップしたものに戻しても回復せず、投票を止めて原因究明と分析をしていました。
結局バグのあったプログラムで作成したデータベースがぶっ壊れていることが判明しました。
連敗のトラウマで投票額を増やすのを躊躇してしまい、V字回復とまでは行かずショボ勝ち

裁判の方は審理は進んでいるのですが判決まではまだまだのようです。
2月に裁判所で予想、投票の実演を行うようでその資料作りを日々の分析と平行してやっています。

※実演は法廷で行うわけではないので傍聴は出来ません。あしからず

2014の中央競馬が終わったので
2014年12月30日 (火) | 編集 |
2014TPAT成績

2014年はご覧の通り完敗でした。
自分のソフトは各馬補正を過去の傾向から行っているのですが、
今年はその傾向というものが悉く当てはまらなかったです。

一例を挙げれば1番枠絶対不利の函館ダート1000mが今年は単回値260、20戦4勝の勝ち頭でした。
枠番補正は予想順位が全く変わるほどのウエイトではありませんが印が○→▲or△あたりにはなったりします。
期待値で投票する場合、実際の的中率より予想的中率が低ければ買い目としてオミットされる可能性が高くなり
上位の印でも投票出来ないケースが出てしまうのですね。
これが◎からぴゃーと流すようなゲス予想屋なら関係ないんでしょうが。

それが馬場造園課の努力なのか、調教技術の進歩なのか、騎手の意識改革なのか
それともそれら全部なのかは判らないのですが、こちらも日々努力して対応しなければと思います。

8開催終わりましたが
2014年09月09日 (火) | 編集 |


どうにも改善が見込めないので投票を中止して大幅に修正中です。
もう1開催くらいかかるかな
7開催終わりました
2014年07月29日 (火) | 編集 |


今開催は更に酷く、1日投票を休んだり投票金額を減らしたり
去年末環境での予想の方が現在より成績がいいので次開催からバージョンを戻して投票することにしました。
これで去年並になると思うんですがね。
6開催終わりました
2014年07月04日 (金) | 編集 |
5開催終わりました
2014年06月03日 (火) | 編集 |
2014_5節

基準額を上げた途端に大きい負けを食らってしまい、一気に回収率が下がりました。
追い上げとか勝ち逃げの投票ではないのでコツコツドカンには当てはまりませんが
慢心しないで機械のように投票と続けます。

今更ですが大阪の二審に行ってきました。
抽選を待つ人は今回も200人くらいいたのかな。
今回は無事傍聴に当選して法廷内に。

自分の裁判期日で既に法廷童貞は卒業していましたが
やはりこの雰囲気は慣れない。
自分の時は注目されずにこっそりやりたいものです。

検察は上告しましたが、世間はマスコミ含め概ね被告寄りの意見で安心しました。
もう少しです頑張ってください。





4開催終わりました
2014年04月21日 (月) | 編集 |
2014_4節2014_4節_場別

金額丸出しでアップしてたけど、考え直して金額マスクしました。


現時点で

日別プラス率 57.9% ( 22/ 38)
週別プラス率 62.5% ( 10/ 16)
月別プラス率100.0% ( 4/ 4)

去年は

日別プラス率 52.3% ( 56/ 107)
週別プラス率 60.8% ( 31/ 51)
月別プラス率 66.7% ( 8/ 12)
だったので去年以上の成績。

分析と試行をを重ね、時間と労力を注ぎ込んだ結果です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。